-「伯方分校」玄関付近-                             -「伯方分校」全景-         

   愛媛県立今治西高等学校伯方分校 

                          〒794-2301
                          愛媛県今治市伯方町有津甲2358番地
                          TEL 0897-72-0034
                          FAX 0897-72-1664

 

重要今治西高等学校伯方分校のホームページに記載されている

 記事・写真・ファイルの無断転載を禁じます。

              1ツ星学校の地図(アクセスマップ)はこちらから

           1ツ星旧サイトはこちらから

           1ツ星県立高校・中等教育学校魅力化の取組はこちらから 

           1ツ星伯方中学校のホームページはこちらから

                                         星   愛媛スクールネット統一サイトポリシーについてはこちらから

 

2019  伯方分校ニュース

児童館のクリスマス会へ向けて

12月14日(土)に伯方児童館でクリスマス会が行われます。

伯方分校からは、郷土芸能部、チームサンタ、家庭クラブが参加します。

郷土芸能部は先月3年生が引退したので、

クリスマス会が新チームのデビュー演奏になります。

チームサンタは有志の3人組で、トーンチャイムと楽器演奏を披露します。

ぜひ、両グループの演奏を聴きにおいでください!

伯方児童館クリスマス会 12月14日(土)受付 14:00~

                   コンサート 14:30~

伯方分校は、トップバッターで演奏します!

  

音が近隣の迷惑にならないよう、太鼓にカバーをかけ、

さらにその上にゴム膜を張って練習しています。

  

トーンチャイムは、クリスマスソングを演奏します。

楽器演奏は、何を演奏するか、お楽しみに。

(ダンスもあるかもしれません!)

生徒たち頑張っています!!

先週の土曜日はサタデースクールがあり、1・2年生の進学希望者は課外授業を受け、3年生は模試を受験しました。

期末考査が終わり、一息つきたいところかも知れませんが、自分の力を伸ばしたければ、勉強量を確保することは絶対に必要です。何でもがむしゃらにやればいいわけではありませんが、「量は質に転化する」というのはある程度事実だと思います。己に克って勉強に取り組んでください。

そして、3年生は入試に向けて追い込みの時期です。放課後残って真剣な眼差しで勉強する姿はかっこいいです!精神一到何事か成らざらん。受験生は最後の1秒まで伸びる!! 

ランチタイム

今日は期末考査後の週末でした。お昼の給食をついでいる生徒も慣れたものです。

楽しいランチがいただけそうです。

 

大島一周駅伝大会に向けて!!

 期末考査も終わりほっとしている今日、放課後に大島一周駅伝大会に向けて試走を行いました。この試走で、Aチームの選手を決めるとのことで、みんな必死に頑張っていました。


 

 

 

 

さあいよいよスタートです。


 

 

 

 

鶏小島までの往復約5キロを走りました。


 

 

 

 

野球部マネージャーや、駅伝大会当日マネージャーをしてくれる生徒が、今日もお手伝いをしてくれました。


 

 

 

 

駅伝大会は、令和2年1月12日日曜日です。応援よろしくお願いします。

訓練!物理教室から出火!!

昨日は、今年度第2回目の防災訓練を行いました。

 

 

 

火災による避難訓練ののち、地震津波を想定して、学校の裏手にある山の方へ避難する訓練を行いました。

 

 

 

さらに、学校に帰ってきて、水消火器による消火訓練です。

 

肌寒い海風が吹いていましたが、真剣に訓練に取り組めたと思います。

 

また、今回は伯方警察署より富岡様・塩崎様に来ていただき、地域防災や交通安全についてご指導いただきました。

 

ご多忙のところ、指導していただきありがとうございました。

 

 

 

ところで、近隣にお住いの皆様

 

先週、11月26日 午後3時9分 に瀬戸内中心に震度4の地震があったこと

 

覚えていますか?

 

伯方分校では授業中でしたが、ドンッという突き上げとともに10秒ほどの揺れが続きました。

 

強い揺れだったと思いますが、皆様はどのような方法で安全を確保したでしょうか?

 

 

本校生徒は、教員の指示より先に、ほとんどの生徒が自らの身を守る行動ができたようです。

高校生が地域社会で防災意識を高める存在になれればいいのかな、と思った出来事でした。