昨日、高校野球県夏季大会2日目が行われました。 伯方分校は、今西本校から1年生3人に力を借り、 分校・本校連合チームとして今大会に出場しました。 2回戦の相手は、川之江高校を倒して勝ち上がってきた今治工業高校。 第1試合の今西・今南に引き続き、今治対決になりました。   対戦相手は、前線で川之江を下した今治工業高校。1試合目の今西・今南に続く今治決戦で盛り上がりました。新型コロナウィルス感染症対策のため、事前登録の関係者限定になりましたが、60名を越える応援団が、3年生の最後のプレーを見守りました。 試合は、ピッチャーが苦しみながらも毎回1点に抑える展開が続きます。バックも要所要所の好プレーでエースを支えます。2度に渡る得点機をうまくいかせずもどかしい中、5回に打者11人の猛攻を受け、5点を失いました。2番手投手がその後を0点に抑えるも、最後まで今工の2人のピッチャーを捉える事ができず、悔しい結果に終わりました。 学校や部活動が本格再開した6月中旬から、週1回の合同練習を行い、連係を磨いてきました。最初は、ぎくしゃくしていましたが、次第にいい影響を与えあい、1つのチームになっていったよう...
 2020年8月3日(月) 午前5時51分に333,333アクセスを達成しました!!  222,222アクセスを達成したのが、6月11日(木)でしたので、約1か月と3週間で本ホームページに11万以上のアクセスをいただいたことになります。これも皆様のご支援があってのことです。謹んでお礼申し上げます。さらに伯方分校の魅力を伝えられるよう、生徒・教職員一丸となって、良いホームページ作り、ひいては良い学校作りに取り組んで参ります。今後とも伯方分校ホームページをどうぞよろしくお願いいたします。  ちなみに、今回のキリ番は「3」が並んでいますが、「3」という数字は日本だけでなく様々な国で縁起の良い数字とされています。日本の「三種の神器」や仏教用語の「三密」(「三つの密を避ける」の「三密」とは違います)、そしてキリスト教の「三位一体」に「東方の三博士」やヒンドゥー教の「三神一体」などなど、神秘性のあるものに「3」という数字を求める傾向があるようです。  そういえば、『声に出して読みたい日本語』の著者である齋藤孝先生も「3」という数字に強いこだわりを持っていますね。考えをまとめる際に、ポイントを3つに絞ると、考えがうまくまとまりや...