冬休み最終日ではありますが・・・

 あいにくの雨で伯方分校もどこか寂しげに見えます。午後には雨が上がって少し落ち着いた天気になりましたが、明日は低気圧の影響でぐっと冷え込むそうで、3学期の初日を迎えるには少し残念な天気になるかもしれません。

 雨が降ったり、寒い天候が続いたりすると気持ちが落ち込みがちになる人は多いと思います(私も雨の日は外に出るのが億劫です)。ちなみに、英語で「天気」のことを"weather"といいますが、"under the weather"で「気分が悪い」という意味のイディオムになります。高校生の頃、この表現を初めて聞いた時は、妙に納得したのを覚えています。天気が悪ければ、そりゃあ気分も良くないですよね。

 一方で、こんな表現もあります。"No rain, no rainbow"=「雨が降らなければ、虹は出ない」です。つらいことも我慢していればきっと良いことがある、という意味です。ハワイのことわざですが、日本でも色んな歌手がこのことわざをタイトルにした曲を歌っていて有名ですよね。

 というわけで(?)、明日の寒波 + 校内テストのことを考えて憂鬱になっている伯方分校生がいたら、ぜひこのことわざを思い出して前向きになってみてください。つらいことは自分が成長するチャンスでもありますよ!

明日は、始業式のあとに先ほども触れた校内テストがあり、身だしなみ指導もあります。昼食補助もあります。昼食補助じゃない生徒は忘れずに昼食を持って来てくださいね。