ブログ

英語で感染対策

 週末に県総合体育大会がありましたね。参加した生徒のみなさん、お疲れ様でした。3年生にとっては、これまでの集大成の大会となったのではないでしょうか。こんな風に、昨年度実施できなかった大会を行うことができて、一つの区切りを迎えられるのはありがたいことですね。コロナ下で様々な制限が続いていますが、これらの未曾有の出来事は私たちに新たな視座を与えてくれているとも感じています。

 

 そんなコロナ下ですが、伯方分校では、感染対策強化を如才なく進めています。先週、新たな感染対策機器が届き、教室や玄関の装いが変わりました。教室にはサーキュレータースチーム式加湿器が設置され、玄関には温度感知式カメラが置いてあります。カメラの前に人が立つと5秒ほどで体温を測定して音声で知らせてくれます。学校にこういうものが置かれるようになるとは1年前には想像もしませんでした^^

 

【ここから英語小ネタ】

 ちなみに、温度感知式カメラは英語で何と呼ぶかご存じでしょうか。答えは・・・・・・ thermal camera(サーマルカメラ)ですthermal「温度の」という意味の形容詞です。ちなみに、thermo-「温度の-」という接頭辞もあり、thermo-を含んだ色んな単語が存在します。たとえば、日本語でも使われているthermography(サーモグラフィ)が有名です。温度を感知して表示した図のことですね。thermometer温度計のことで、thermos保温機能付きの水筒のことです(昔は魔法びんと呼んでいました^^;)。

 というわけで、ハード面で感染対策が充実していますが、それに胡座をかかずに、マスク着用・うがい・手洗い・3密回避などの基本的なことを徹底して、日々の営みを続けていきたいと思います。